Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス、課題は予想不可能な天候への対応

高い降水確率と低温が予報される中で、準備を整え、集中力を維持することを強調。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦チェコGPで今季5度目のポールポジションから今季9度目の表彰台となる3位を獲得した後、アウトモトドローム・ブルノで実施された今季3度目のオフィシャルテストで、課題のウィリー対策に専念して3番手に進出。

シリーズ12戦目となる今週末は、最高峰クラス1年目の2013年から2位と優勝を挙げ、昨年は3年連続のポールポジションから2番手走行中にシーズン4度目となる転倒リタイアを喫したシルバーストンで、ポイントアドバンテージの拡大を目指す。

「シルバーストンが大好き。いつもレースを楽しんだ」

「シルバーストンは、通常天候が予想不可能。これは寒くなり、雨が降る可能性があることを意味する。準備を整えないと。今年は何度もミックスされたコンディションに立ち向かった。集中力を維持し、適した決断を下すことが重要だ。何が起こるのか確認しよう。上位進出が許されるように、これまでと同じメンタリティで状況をマネージメントしよう。」

「トラックは大好き。前半セクションは低速だけど、その後にグッドなセットアップがあれば、違いを生み出す幾つかのセクションが続く。いつもレースを楽しんだ。可能な限りにベストなリザルトを獲得できるように全力を尽くそう」と、週末の攻略を説明した。