Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス、転倒後に信頼感取り戻す

共同会見で優勝の可能性があれば、優勝に挑戦することを宣言した後、初日は転倒もハードタイヤで好感触。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第12戦イギリスGPのフリー走行1で今季9度目の転倒を喫して3番手。フリー走行2は、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分03秒台を3回、2分02秒台を3回記録して、トップタイムから0.819秒差の5番手。

「グッドなフィーリングとグッドなペースがあることが重要だ」

「初日は大変良かった。特に午後。午前はフロントにミディアムコンパウンドを履いて、直ぐに最適なオプションでないことが見えた。路面は非常に冷えていて、低速走行中に転んでしまったけど、午後のセッションでは信頼感を取り戻したから、リアにハードコンパンドを履いて、良い仕事ができた。」

「タイヤは良く機能する。ドライレースとなれば、このタイヤを使用することになるだろう。セットアップの仕事を続ける。ソフトコンパウンドをもう少し理解しよう。グッドなフィーリングとグッドなペースがあることが重要。全ての進み方が嬉しい」と、初日に好発進したことを説明した。

FP2 - P5. Mañana intentaremos mejorar. FP2 - P5. We'll try to improve tomorrow. #BritishGP

Marc Márquezさん(@marcmarquez93)が投稿した写真 -