Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロレンソ「方向性が見つかった」

過去に好成績を挙げたトラックで試したセッティングに好感触を掴み、ハードタイヤで期待が高まる4番手に進出。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、昨年ポールポジションから転倒リタイアを喫した第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP初日のフリー走行1で5番手。フリー走行2は、4度のコースインで18ラップを周回すると、1分33秒台を最多の9回記録して、トップタイムから0.287秒差の4番手。

「同じタイヤで周回を重ねて4番手。新しいセッティングのフィーリングも嬉しい」

「最初にコースインの後、タイヤを履き替えることを決断した。他のライダーたちはハードタイヤで走り、最後に新品に履き替えて、ラップタイムを伸ばしたけど、僕は同じタイヤで沢山の周回を重ねて、コンマ3秒差の4番手だったことが嬉しい。ペースも嬉しい。新しいセッティングのフィーリングも嬉しい。」

「ようやく、お気に入りの方向性が見つかった。明日、もう一歩前進できるか見てみよう」と、好感触を得た初日を振り返った。