Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス「フロントタイヤに問題」

週末に2度目の転倒を喫した後、前戦に続く2戦連続のタイヤ問題も連続4位でポイントを加算。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、フロントにハード、リアにミディアムコンパウンドのタイヤを選択。2列目4番グリッドから4.359秒差の4位でフィニッシュ。総合2位とのアドバンテージが 50ポイント差から43ポイント差に詰まった。

「ダニを追いかけようとしたけど、表彰台より転倒する可能性が高かった」

「困難なレースだった。もしかしたら、今日はベストな1日ではなかったかもしれない。大きな意気込みを持って、レースに挑み、自分がストロングで、序盤に失ったギャップを挽回でき、バレンティーノとホルヘに接近できると見えたけど、フロントタイヤに問題ができてしまった。何度もフロントが閉じてしまった。ダニに抜かれ、追いかけようとトライしたけど、表彰台より転倒する可能性が高かったから、レースを終えることに集中した。改良を続ける必要があるけど、失ったポイント数が少なかったことはポジティブだ」と、表彰台争いができなかった理由を説明した。