Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

決勝レース:バルダッサーリが地元で初優勝

19歳のイタリア人が地元で逆転優勝。リンスが2位、ザルコが4位で3ポイント差に接近。中上が3位表彰台。

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto2™クラス‐決勝レース‐ハイライト

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースは11日、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで行われ、総合11位のロレンソォ・バルダッサーリがキャリア通算64度目で初優勝を飾り、総合9位に浮上した。

気温27度、路面温度34度のドライコンディションの中、3番グリッドのバルダッサーリは、ラスト2ラップに6ラップ目から1番手を走行していた8番グリッドのアレックス・リンスを抜いて初優勝。リンスは8月24日に骨折した左鎖骨の激痛に耐えながら、2.523秒差の2位に入り、今季7度目の表彰台を獲得。

ウォームアップ走行で週末4度目の1番手に進出した2番グリッドの中上貴晶は、3ラップ目に7番手に後退したが、13ラップ目に3番手に浮上。6.199秒差の3位でチェッカーを受けて2戦連続4度目、当地で2年連続3度目の表彰台を獲得。

ポールポジションのヨハン・ザルコは、8.942秒差の4位。5番グリッドのフランコ・モルデビッリ、6番グリッドのトーマス・ルティ、10番グリッドのハーフィス・シャハリン、11番グリッドのジョナス・フォルガー、7番グリッドのサンドロ・コルテセ、12番グリッドのアレックス・マルケスがトップ10入り。

4番グリッドのサム・ロースは、3位争い中の13ラップ目に週末2度目、今季20度目の転倒、3度目の転倒リタイアを喫した。

タイトル争いは、総合1位のザルコに対して、総合2位のリンスが10ポイント差から3ポイント差に接近。

次戦アラゴンGPは、モーランド・アラゴンで23日に開幕、25日に決勝レースが行われる。

Speeding ticket for @balda7 // too fast for the rest of the #Moto2 field at #SanMarinoGP! ????????????

MotoGPさん(@motogp)が投稿した写真 -