Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 hours 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「フロントを失ってしまった」

逆転の可能性を追求して、今季3度目のポールポジションからスタートしたが、今季3度目の転倒リタイアを喫した。

Support for this video player will be discontinued soon.

転倒を喫したヤマハの両雄

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第15戦日本GPの決勝レースで、ポールポジションから2番手走行中の6ラップ目に今季4度目の転倒。今季3度目の転倒リタイア、今季4度目の0ポイントに終わり、タイトル獲得の可能性を失った。

「最初に僕は大丈夫だと言いたい。転倒で大きな問題がなかったのは幸運だった。その一方で、強さを感じ、グッドなペースがあったから残念。スタートは良くなく、ポジションを落としてしまった。マルクは僕よりも速かった。少し遅れてしまったけど、ペースは良かった。」

「彼を捕まえようとペースをアップすることができたけど、フロントを失ってしまったのは不運だった。正直、ストロングにコーナーに入って行けるフィーリングがなかった。フロントを失うというミスを犯してしまった」と、転倒を振り返った。