Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By LCR Honda

クラッチロー「もし正しい決断を下していたら...」

フリー走行3と公式予選2でタイヤの選択を間違えたことを反省したが、4戦振りに1列目を獲得。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、第16戦オーストラリアGPの初日総合1番手発進を決めた後、2日目はフリー走行3で15番手、フリー走行4で6番手。公式予選1で今季3度目の1番手通過を決めた後、公式予選2でポールポジションタイムから0.792秒差の2番手に入り、第12戦イギリスGP以来、今季2度目の1列目に進出。

「少しがっかり。もし、正しい決断を下していたら、ポールポジションを獲得できただろう。予選1の後、スリックタイヤで行かなければいけないと自分に言ったけど、そのアイデアを変更して、最終的にそれは間違った決断となってしまい、マルクはグレートなラップを実現した。今週末は厳しいけど、予選1に参加したことで、ウェットとドライの経験を積むことができた。」

「あのタイムセッションには参戦すべきではなかった!フリー走行3で間違った瞬間に間違ったタイヤを選んでしまった!明日はロングなレースになるだろう。もし、明日の朝に30分間の走行時間が持てれば、みんなにとってベターだろう」と、タイヤ選択が結果を左右したことを説明した。

At least I won't the race back to parc ferme !!!

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)が投稿した写真 -