Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「この結果が必要だった」

日本GPの転倒リタイアと公式予選2に進出できなかった2日目の後で、5列目から表彰台を獲得。

Support for this video player will be discontinued soon.

バレンティーノ・ロッシのポジションリカバリー

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第16戦オーストラリアGPのウォームアップ走行で2番手だった後、フロントにソフトコンパウンド、リアにミディアムコンパウンドを選択。決勝レースは、5列目15番グリッドから3ラップ目に9番手、8ラップ目に4番手、10ラップ目には2番手まで挽回。今季9度目の表彰台を獲得し、総合2位争いにおいて、アドバンテージを14ポイント差から24ポイント差に拡大した。

「グッドなペースで走れ、表彰台を獲得できることが分かった」

「今朝、朝起きてカーテンを開けたとき、本当に幸せな気分になった。ウォームアップ走行ではグッドなパワーがあった。グッドなペースで走ることができ、表彰台を獲得できることが分かった。序盤の10ラップはとても速かった。マルケスが転んで、優勝できるかもしれないと考え、カルに追いついた。ウォームアップ走行では、僕の方が少し速かったから、彼に追いつくことを目標にしていたけど、非常に強かった。」

「レース後半は困難だったけど、もてぎでの悪い結果と今シーズンでもしかしたら最も欲求不満となった2日目の後で、この結果が必要だった。総合2位争いにおいて、ロレンソとのポイント差が広がったことが嬉しいけど、現実的には、僕はグッドなレースがしたい。セパンは難しいレースとなるだろう。僕たちは非常に強いから、目標は表彰台だ」と、金曜のフリー走行1で使用するセッティングが機能したレースを振り返った。