Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Dorna Sports

マレーシアGPも2021年まで開催

グランプリだけでなく、オフィシャルテスト、アジアタレントカップを開催するセパンとの間で契約を更新。

ドルナスポーツは29日、第17戦マレーシアGPが開催されているセパン・インターナショナル・サーキットのプレスカンファレンスルームで、セパン・インターナショナル・サーキットとの間で、2017年から5年間のマレーシアGP開催に関して合意したことを発表。2021年までの開催が決定した。

当地は、マレーシア政府が首都クアラルンプールの郊外、クアラルンプール国際空港の近郊に、近代化政策の一環として建設。完成翌年の1999年に初開催。2013年10月に2014年から3年契約を締結し、今年で17年連続の大会を開催している。

ドルナスポーツは、今年に入ってから、次のグランプリに関して、プロモーターとの間で開催に関して契約を更新した。

アルゼンチンGP: テルマス・デ・リオ・オンド/2019年までの3年契約
オーストラリアGP: フィリップアイランド・サーキット/2026年まで10年契約
TTアッセン: TTアッセン・サーキット/2026年までの10年契約
ドイツGP: ザクセンリンク/2021年までの5年契約
サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP: ミサノ・ワールド・サーキット/2020年までの4年契約
バレンシアGP: リカルド・トルモ・サーキット/2021年までの5年契約