Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Repsol Honda Team

ペドロサ「エネルギーを回復させたい」

右肩の痛みと疲労に苦しみながら、公式予選2に直接進出して8番手を確保。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、最終戦バレンシアGPの公式予選でポールポジションタイムから1.173秒差の8番手。明日の決勝レースを3列目から迎える。

初日総合10番手だった後、2日目はフリー走行3で0.453秒差の4番手に浮上。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで15ラップを周回すると、1分32秒台を7回、1分31秒台を2回記録して、0.880秒差の10番手。

「3度のプラクティスの後で、とても疲れている。昨日より痛みがあるけど、ラップタイムを伸ばすことにトライした。公式予選2に直接進出するために、フリー走行3で頑張った価値があった。一歩前進したけど、フリー走行4の後で、予選に向けて体力を回復させることに苦労した。」

「全力を尽くしたけど、トップの2人のラップタイムは非常に速かった。彼らに続くライダーたちも1分30秒前半を刻んだ。そのレベルに達することは簡単ではないけど、全体的に嬉しい。明日が楽しみだ。」

「リアにグッドなタイヤを選択しよう。もし、明日が曇りなら、タイヤ選択がハッキリしない。天候を確認しないと。長いレースになるだろう。エネルギーを回復させ、可能な限り速く走りたい」と、2日目を振り返り、右肩の状態と説明した。