Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By FIM CEV Repsol

FIM・CEV・レプソル:最終戦に日本勢8名が挑戦

ファイナルラウンドのバレンシアにレギュラーライダー、鳥羽、佐々木、眞崎、長島に加え、中村、栗原、羽田、浦本がスポット参戦。

FIM国際モーターサイクリズム連盟の傘下大会、『FIM・CEV・レプソル』のシリーズ8戦目、最終戦となるバレンシア大会は今週末、リカルド・トルモ・サーキットで開催。4クラスに29ヶ国から155名(スペインから67名)が参戦する。

今季4度目の2レースが実施されるMoto3™ジュニア世界選手権は、16ヶ国から57名(スペイン19名、イタリア13名、日本5名、イギリス4名、ドイツ2名、オランダ2名、フランス2名、チェコ2名、スウェーデン1名、ウクライナ1名、オーストラリア1名、アメリカ1名、メキシコ1名、インドネシア1名、タイ1名、中国1名)がエントリー。

最終戦までもつれ込んだタイトル争いは、総合1位のロレンソォ・ダッラ・ポルタ(イタリア/18歳)に対して、総合2位のマルコス・ラミレス(スペイン/18歳)が14ポイント差で追う。

注目は、来季世界舞台の進出が確定した総合3位の鳥羽海渡(16歳)をはじめ、総合5位の佐々木歩夢(16歳)、総合6位のトニー・アルボリーノ(イタリア/16歳)、総合8位のアルベルト・アレナス(スペイン/19歳)、総合15位のナカリン・アティラットプワパット(タイ/20歳)、総合20位のエンゾ・ボールン(フランス/19歳)。

さらに、レッドブル・ルーキーズ・カップで総合3位を獲得した総合4位のラウール・フェルナンデェス(スペイン/16歳)、アジア・タレント・チームから参戦する総合7位の眞崎一輝(15歳)と総合27位のアンディ・イズディ ハル(インドネシア/18歳)、総合20位のカレル・ハニカ(チェコ/20歳)らが上位進出を目指し、アジア・ドリーム・カップでチャンピオンに輝いた中村大輝と全日本選手権J‐GP3で総合2位を獲得した栗原佳祐は、ホンダ・チーム・アジアからスポット参戦する。

Moto2™ 欧州選手権(スーパーストック600と併催)は、15ヶ国から37名(スペイン11名、フランス5名、イタリア4名、ドイツ3名、スイス2名、日本2名、インドネシア2名、ノルウェー1名、スウェーデン1名、ポルトガル1名、アンドラ1名、アメリカ1名、南アフリカ1名、ブラジル1名、マ レーシア1名)がエントリー。

第5戦ポルティマオ大会でタイトル獲得に成功したスティーブン・オデンダル(南アフリカ/23歳)は、今季7勝目、6レース連続10度目の表彰台を目指せば、総合2位のアラン・ティチャー(フランス/21歳)と総合3位の長島哲太(23歳が総合2位争いに挑戦。

総合16位の山田宣己(22歳)は、自転車トレーニング中に左鎖骨を骨折したことから欠場。アジアロードレース選手権で総合10位に進出する羽田太河(18歳)が初めて当選手権に挑戦。NTSを走らせる。

最高峰クラスのスーパーバイク欧州選手権は、12ヶ国から37名(スペイン9名、フランス8名、イギリス5名、フィンランド3名、日本1名、イタリア1名、ノルウェー1名、デンマーク1名、チリ1名、アルゼンチン1名、インドネシア1名、カナダ1名)がエントリー。

前戦ヘレス大会でタイトルを獲得したカルメロ・モラーレス(スペイン/37歳)が6レース連続9度目の優勝、総合2位のマキシミリアン・シャイブ(チリ/20歳)が3度目の優勝に挑戦。

全日本選手権J‐GP2でチャンピオンを獲得した浦本修充が当選手権に初めて参戦。スズキを走らせる。

カワサキのワンメイクカップ、Zカップには、28名のスペイン人ライダーたちが参戦する。