Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「進歩がとても嬉しい」

困難だった初日のショックから立ち直る大幅な進歩に満足も限界を追求して行くことを強調。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、オフィシャルテスト2日目にデスモセディチGP17の走り方を追求する目的で、意欲的にコースに飛び出し、ウェットコンディションで最多の23ラップを周回。2日目最多となる66ラップを周回すると、2分01秒台を2回、2分00秒台を8回記録して、トップタイムから1.032秒差の8番手。初日の17番手から総合9番手に浮上した。

「今日の進歩がとても嬉しい。バイクをより理解し、パフォーマンスを引き出すことができるけど、僕自身の限界までまだ遠い。セッティングが少し良くなった。昨日、このバイクでの限界に近づき、上位陣に接近するために、時間と周回数が必要だと考え、そのことが正しかったことを確認できた」と、デスモセディチGP17への適応において、大きく前進したことを喜んだ。