Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

エスパルガロ弟「最初から大きく改良された」

KTMが初めて訪れたセパンで、スミスと共にRC16のパッケージと開発の方向性を確認。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングのポル・エスパルガロは、第17戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで実施された今年最初のオフィシャルテストに参加。KTMにとって、初めて訪れた当地で、ウインターブレイク中に開発が進められたプロトタイプマシン、RC16のパッケージとマテリアルのチェック、昨年収集したフィードバックを参考とした方向性の確認を目的に3日間で162ラップ、8レース分の走行距離を込んだ。

昨年11月下旬にヘレス・サーキットで実施されたプライベートテストは、ヤマハ発動機との契約期間内であったことから参加できず、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで開催されたオフィシャルテスト以来、2度目のテストとなり、1日目は16番手、2日目は20番手。

3日目は、12度のコースインで67ラップを周回すると、2分02秒台を23回、2分01秒台を5回記録して23番手。最後のコースインでは、連続14ラップのロングランを実行し、2分02秒台を10回、2分01秒台を1回記録した。

「グッドなテストをしたと考える。これが最も重要なこと。最初から大きく改良された。チームは本当に良く働く。正しい方向に進んでいるから、とても嬉しい。フィリップアイランドは僕たちにとって初めて。KTMにとって初めて訪れるトラックだ。ミカ(・カリオ)は、テストを実施したトラックで素晴らしい仕事をした。トラックは要求が厳しいから、何ができるのか楽しみだ」と総合21番手だったテストを評価し、視線を次回のテストに向けた。

パーソナルリザルト
オフィシャルテスト1日目: 2分01秒338(58ラップ)
オフィシャルテスト2日目: 2分01秒525(37ラップ)
オフィシャルテスト3日目: 2分01秒506(67ラップ)

オフィシャルテストベストタイム
オフィシャルテスト1日目: 1分59秒680(ケーシー・ストーナー)
オフィシャルテスト2日目: 1分59秒452(アンドレア・イアンノーネ)
オフィシャルテスト3日目: 1分59秒368(マーベリック・ビニャーレス)

サーキットレコード
オフィシャルテストベストラップ: 1分58秒867 (2015年‐マルク・マルケス)
サーキットレコードラップ: 2分00秒606 (2015年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分69秒053 (2015年‐ダニ・ペドロサ)