Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

エスパルガロ兄、新形状のフェアリングをテスト

ウィングレットの使用禁止が施行されるシーズンに向け、アプリリアがダウンフォースを高めるフェアリングを投入。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、オフィシャルテスト1日目に電子制御の問題により、僅か28ラップしか周回できず、14番手だったが、2日目は、10度のコースインで69ラップを周回すると、1分30秒台を29回、1分29秒台を1回記録し、トップタイムから0.654秒差の6番時計。最後のコースインでは、連続14ラップのロングランを実行して1分31秒台を1回、1分30秒台を13回記録した。

「僕たちは改良されている。正しい方向から始まり、沢山のシャーシテストに取り組んだ。フライングラップとレースシミュレーションのペースに満足。バイクはマレーシアの時からあまり変更はないけど、フィーリングが右肩上がりに高まっている。特にフロントタイヤ。これは僕のライディングスタイルにとって非常に重要だ。」

「フェアリングは、イタリアの空洞試験で試したもの。トップスピードを失わずに、ダウンフォースを少し高めたけど、フィリップアイランドは特殊なレイアウトが影響して、あまり手応えがなかったから、カタールで改めて試してみよう」と、注目を集めたフェアリングを説明した。

1日目: 1分30秒802 (28ラップ)
2日目: 1分29秒501 (69ラップ)

2017年オフィシャルテスト1日目: 1分29秒497(M・マルケス)
2017年オフィシャルテスト2日目: 1分28秒847(M・ビニャーレス)

オフィシャルテストベストラップ: 1分29秒131 (2015年‐M・ビニャーレス)
サーキットレコードラップ: 1分28秒108 (2013年‐M・マルケス)
サーキットベストラップ: 1分27秒899 (2015年‐J・ロレンソ)

Day 2 at the island! Good improvement today! ????????????

Aleix Espargaroさん(@aleixespargaro)がシェアした投稿 -

推奨記事