Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Pull&Bear Aspar Team

バウティスタ、12番手から4番手に浮上

転倒を喫して12番手だった1日目から、ペースアップに成功して、ドゥカティ勢の最高位に進出。

プル&ベア・アスパル・チームのアルバロ・バウティスタは、フィリップアイランド・サーキットで開催中のオフィシャルテスト2日目に、12度のコースインで86ラップを周回すると、1分30秒台を最多の38回、1分29秒台を3回記録し、トップタイムから0.564秒差の4番手。

コースアウトからフェンスへの激突を回避するために、グラベルで飛び降りた1日目は、フロントのフィーリング不足、リアの接地感不足に悩まされ、1分30秒台を僅か4回に止まったが、総合7番手に進出した前回のオフィシャルテストで掴んだフィーリングに取り戻し始め、12番手からドゥカティ勢の最高位に進出した。

「初日の感触を良くするために、複数のことを試した。大きく前進することはできなかったけど、自信を少し高めるための小さな前進を果たすことができた。ペースが大きく良くなったけど、本当のところ、トラックコンディションが違う。全員がペースアップした。戦闘力が少し高まったけど、まだセパンのような感触がない。」

「データを収集。タイヤをテスト。全体的に非常に忙しい1日となった。明日もこの調子で改良できるか楽しみ。大きな前進はできなくても、良い方向に向かってステップ・バイ・ステップで進んで行くことが重要だ」と、12番手から4番手に浮上した2日目を振り返った。

1日目: 1分30秒770 (68ラップ)
2日目: 1分29秒411 (86ラップ)

2017年オフィシャルテスト1日目: 1分29秒497(M・マルケス)
2017年オフィシャルテスト2日目: 1分28秒847(M・ビニャーレス)

オフィシャルテストベストラップ: 1分29秒131 (2015年‐M・ビニャーレス)
サーキットレコードラップ: 1分28秒108 (2013年‐M・マルケス)
サーキットベストラップ: 1分27秒899 (2015年‐J・ロレンソ)

推奨記事