Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト:フェナティが1番時計を3連発

2日目総合:フェナティ、マルティン、カネト、ロドリゴ、ロイがトップ5入り。佐々木は7番手、鈴木と鳥羽は16番手と18番手。

Support for this video player will be discontinued soon.

オフィシャルテスト~2日目ハイライトビデオ

軽量級のオフィシャルテスト2日目は18日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、先週のオフィシャルテストで総合5番手だったロマーノ・フェナティがトップタイムをマークした。

16時30分から17時50分までの最初のセッションは、昨年ポールポジションから4位を獲得したフェナティが1番手発進を決め、19時10分から20時10分までの2度目のセッションでは、ペースアップして連続の1番手に進出。

21時30分から22時30分までの3度目のセッションは、フェナティが2分06秒台を最多の4回記録。2分06秒690の1番時計を刻んだ。

2日目の総合は、3連続の1番時計を記録したフェナティが1番手。ホルヘ・マルティンが0.039秒差の2番手、アロン・カネトが0.059秒差の3番手、ガブリエル・ロドリゴ、リビオ・ロイ、ニコロ・ブレガが続き、42ラップを周回した佐々木歩夢が0.450秒差の7番手。ニッコロ・アントネッリ、フアンフラン・グエバラ、フィリップ・エッテルがトップ10入り。

40ラップを周回した鈴木竜生は、0.938秒差の16番手。58ラップを周回した鳥羽海渡は、1.027秒差の18番手だった。

オフィシャルテスト1日目
セッション1: 2分18秒849 (ジュール・ダニーロ)

オフィシャルテスト2日目
セッション4: 2分07秒360 (ロマーノ・フェナティ)
セッション5: 2分06秒726 (ロマーノ・フェナティ)
セッション6: 2分06秒690 (ロマーノ・フェナティ)

サーキットレコードラップ: 2分05秒862 (2014年‐アレックス・マスボー)
サーキットベストラップ: 2分05秒832 (2016年‐リビオ・ロイ)