Tickets purchase
VideoPass purchase
News
30 days 前
By motogp.com

フリー走行1:ビニャーレスがキャリア2度目の1番手発進

オフィシャルテスト総合1番手のビニャーレスが1番手。マルケス、ペドロサ、フォルガー、ロレンソがトップ5。ロッシは9番手。

Support for this video player will be discontinued soon.

MotoGP™クラス‐初日‐ハイライト

2017年シーズンのオープニングランド、開幕戦カタールGPのフリー走行1は23日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、2016年総合4位のマーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。昨年9月の第12戦イギリスGP以来最高峰クラスで4度目となる1番手発進、2012年以来キャリアで2度目となるシーズン最初のセッションを制した。

気温22度、路面温度22度のドライコンディションの中、昨年11月から始まった4度のオフィシャルテストで連続して総合1番手に進出した22歳のスペイン人ライダーは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分55秒台を3回、1分54秒台を最多の4回記録。当地で開催されたオフィシャルテストで総合1番手に進出したラップタイム(1分54秒330)を更新する1分55秒316の1番時計を刻んだ。

2016年王者のマルク・マルケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分55秒台を3回、1分54秒台を1回記録して、0.596秒差の2番手に入れば、総合6位のダニ・ペドロサは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分55秒台を最多の4回記録して、0.894秒差の3番手。

オフィシャルテストで新人勢の最高位に2度進出したジョナス・フィルガーは、1.271秒差の4番手。総合3位のホルヘ・ロレンソは、1.291秒差の5番手。総合20位のロリス・バス、総合7位のカル・クラッチロー、中量級王者のヨハン・ザルコが続き、総合2位のバレンティーノ・ロッシは、1.483秒差の9番手。総合11位のアレイシ・エスパルガロがトップ10入り。

総合5位のアンドレア・ドビツィオーソは、1.557秒差の11番手。総合9位のアンドレア・イアンノーネは、1.711秒差の13番手だった。