Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 hours 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「コンマ5秒詰めないと」

テストの際に準備され、まだ試していなかったシャーシをテスト。課題はレースペースとフロントのフィーリング。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、開幕戦カタールGPのフリー走行1で、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分56秒台を5回、1分55秒台を1回記録。トップタイムから1.483秒差の9番手だった。

「仕様が異なる2タイプのシャーシがあり、パフィーマンスはあまり違いがないけど、フィーリングは悪くない。明日試すためのポジティブなことが見つかった。ソフトタイヤで良くなった。プッシュができ、コンマ数秒ほどタイムを伸ばすことができたけど、レースペースが心配。僕たちは離されている。1ラップでコンマ5秒ほど詰めなければいけない。」

「シャーシは少し違う。旧型ではない。テストの時に準備されていたけど、仕事が遅れていたから、周回を重ねる必要がある。2台が異なることで少し難しくなるけど、それは問題ではない。問題はフロントのフィーリング。新しいタイヤが少し柔らかすぎで、良い感じがない」と、課題を説明した。

Ready! Motina 2017

valeyellow46さん(@valeyellow46)がシェアした投稿 -