Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By motogp.com

フリー走行3:モルビデッリがキャリア2度目の総合1番手

エストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDSの両雄、モルビデッリとマルケスがトップ2に進出。ケント、ルティ、エガーターがトップ5入り。

開幕戦カタールGPのフリー走行3は24日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、2016年総合4位のフランコ・モルビデッリが昨年11月の最終戦バレンシアGPウォームアップ走行以来となるトップタイムをマーク。2015年7月の第9戦ドイツGP以来となる2度目のフリー走行総合1番手に進出した。

気温23度、路面温度22度のドライコンディションの中、初日総合4番手だった22歳のイタリア人ライダーは、2度のコースインで18ラップを周回すると、2分01秒台を5回、2分00秒台を最多の9回記録。2分00秒349の1番時計を刻めば、初日総合5番手のアレックス・マルケスは、3度のコースインで17ラップを周回すると、2分01秒台を6回、2分00秒台を5回記録して、0.023秒差の2番手に浮上。

初日総合12番手のダニー・ケントは、3度のコースインで17ラップを周回すると、2分02秒台を3回、2分00秒台を3回記録して、0.219秒差の3番手、総合6番手に進出。

フリー走行1で2年連続の1番手発進を決めた後、フリー走行2で転倒を喫した初日総合1番手のトーマス・ルティは、0.219秒差の4番手、初日のタイムで総合3番手。初日総合18番手のドミニケ・エガーター、初日総合19番手のチャビ・ビエルゲ、初日総合8番手のファビオ・クアルタラロ、初日総合3番手のミゲール・オリベイラ、初日総合14番手のマンセル・シュロッター、初日総合23番手のジェスコ・ラフィンがトップ10入り。

初日に2度の2番手に進出した総合2番手の中上貴晶は、0.876秒差の15番手、初日のタイムで総合4番手。初日総合25番手の長島哲太は、0.924秒差の17番手、総合21番手。

フリー走行2で1番手に進出した初日総合6番手のフランセスコ・バグナイアは、1.191秒差の23番手、総合9番手だった。