Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「目標は公式予選1を突破」

公式予選2に直接進出する機会を逃したが、4番手に接近するレースペースで周回したことを説明。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、開幕戦カタールGPの2日目に8番手と9番手。トップタイムから1.145秒差の総合12番手だったことから、昨年7月の第9戦ドイツGP以来、2度目となる公式予選2への直接進出を逃した。

フリー走行1でドゥカティ勢の1番手となる5番手だった後、2日目はフリー走行2で17ラップを周回して、0.519秒差の8番手。フリー走行3では、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分56秒台を4回、1分55秒台を3回記録して、0.627秒差の9番手。

「少し爆発力を失ってしまったけど、安定感が大きく増した」

「レースペースの仕事を沢山して、全体的にバイクは良くなった。コーナーの進入が良くなったけど、旋回が少し悪くなった。自信を持って進入できるように、続けてトライしよう。フリー走行4の30分間に対して、ハードタイヤが1本ある。それでタイヤを決めよう。ソフトはレースで使用するのは柔らか過ぎるようだ。ミディアムは、僕たちのバイクには少し硬い。重要な決断となるだろう。」

「レースペースに関しては、4番手に近いけど、コーナリングで強くない。ハードでもソフトでもレースペースは非常に安定している。目標は公式予選1を突破して、2列目、または1列目争うことだ。」

「公式予選1に出走することになったけど、重要なのはバイクを理解すること。走る度に良くなり、あまり疲れず、ペースを安定させることだ。その後に、1ラップで速く走る方法を見つける。今、最も重要なことは、安定したペースを持ち、レースの準備をすること。少し爆発力を失ってしまったけど、安定感が大きく増した」と、状況を説明した。