Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By motogp.com

ロッシがキャリア通算350戦目に到達

数々の記録を書き換える38歳のイタリア人ライダーが、キャリア通算350戦目を迎える。

Support for this video player will be discontinued soon.

通算250戦以上に参戦したライダーたち

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、1949年から始まったチャンピオンシップの通算888戦目となる第2戦アルゼンチンGPで最高峰クラス290戦目、キャリア通算350戦目(参戦率39.4%)に到達。参戦数歴代1位の記録をさらに伸ばす。

1996年3月31日、クアラルンプール近郊に位置するシャーアラム・サーキットで開催された開幕戦マレーシアGPでデビューすると、2年間の125ccクラスで30戦、1998年から2年間の250ccクラスで30戦、2000年から17年間の最高峰クラスで288戦に参戦。

2010年のホームレース、第4戦イタリアGPのフリー走行2で右脚脛骨を骨折したことから、デビュー戦から続いていた当時の史上最多連続参戦数が230戦でストップ。4戦に欠場することを強いられたが、第8戦ドイツGPで復帰してから、通算22年目のスタートとなった前戦カタールGPまで連続参戦し、通算349戦目に達していた。

250戦以上に参戦したライダーたち
1. バレンティーノ・ロッシ: 349戦
2. ロリス・カピロッシ: 328戦
3. ジャック・フィンドレイ: 282戦
4. アレックス・バロス: 276戦
5. アンヘル・ニエト: 265戦
6. ブルーノ・クノイビューラー: 264戦
7. アレックス・デ・アンジェリス: 262戦
8. ダニ・ペドロサ: 260戦
9. アンドレア・ドビツィオーソ: 259戦
10. ランディ・ド・プニエ: 253戦
11. ホルヘ・ロレンソ: 251戦