Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

ザルコ「強さを感じた」

最高峰クラス3戦目の初日にヤマハ勢、インディペンデントチームライダー勢、新人勢の最高位に進出。

Support for this video player will be discontinued soon.

初日インタビュー

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第3戦アメリカズGPの初日、フリー走行1で新人勢の最高位となる4番手。フリー走行2は、2度のコースインで17ラップを周回すると、2分05秒台を1回、2分04秒台を2回記録し、トップタイムから0.286秒差の初日総合2番手に進出した。

「今のところの状況は完璧。ポジティブな予選パフォーマンスができるはずだ」

「とてもポジティブな形で週末が始まった。明日はもっとプッシュしたい。今日はスピードを掴む目的で、ミディアムコンパンドと中古タイヤで沢山の周回を重ねた。フリー走行2の終わりに、ソフトコンパウンドに履き替え、良く機能したのは確かだ。強さを感じたから、予選のような走りができた。正しい選択で、タイムを詰める必要があったときに、2番手に進出することができたから、今のところの状況は完璧だ。」

「コンスタントな方向転換やハードブレーキングにより、体力が消耗する上、昨年よりも路面がバンピーだけど、僕は学習しているところ。今のところ、全てが順調で、日曜の決勝レースに向けて、明日も仕事を続けよう。ポジティブな予選パフォーマンスができるはずだ。自信がある」と、2番手発進した初日を振り返った。