Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Pull&Bear Aspar Team

バウティスタ「転倒の理由が解らない」

週末を通じたリアのグリップ不足と決勝レースの転倒が原因で、前戦の再現できずに15位完走。

プル&ベア・アスパル・チームのアルバロ・バウティスタは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、7列目19番グリッドから13番手走行中の11ラップ目に週末2度目、今季3度目の転倒を喫したが、レースに復帰して、1分06秒差の15位で完走。総合9位から12位に後退した。

開幕戦カタールGPで6番手走行中に転倒リタイア、第2戦アルゼンチンGPでドゥカティ勢の最高位となる4位に進出した後、昨年アプリリアを走らせて11位だったサーキット・オブ・ジ・アメリカズに乗り込むと、フリー走行1から5番手、16番手、18番手、15番手。ウォームアップ走行で16番手だった後、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを選択したが、転倒で約40秒のタイムロス。

125ccクラスのタイトル獲得に成功してから11年後、当時所属していたアスパル・チームで最高峰クラスの通算125戦目に到達。

「転倒の理由が解らない。走行ラインは同じで、コーナーへのアプローチも同じだった。僕たちにとってグッドな週末にならなかったのは残念だったけど、ファクトリー勢に接近し、トップ10入りを闘えるレースペースがあったから残念。ヘレスに向けて感触を取り戻し、ファンの前で戦闘力を取り戻したい」と、気持ちを切り替えた。