Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

ザルコ「ファイトしよう。表彰台を獲得したい」

レースシミュレーションで4番手、予選で1番手と3番手。地元ルマンで最高峰クラス初表彰台獲得に挑戦。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第5戦フランスGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.235秒差の3番時計。最高峰クラスでのベストリザルトを獲得し、明日のホームレースを初めての1列目からスタートする。

初日に総合3番手に進出した後、2日目は、フリー走行3で15番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、連続19ラップを実行すると、1分34秒台を6回、1分33秒台を最多の11回記録して4番手。

「上位陣と一緒に走ることができる。もし、表彰台を達成できれば、それは本当に凄いことだろう」

「リザルトはファンタスティックだ。ホームレースで1列目に進出したことが嬉しい。これは期待していなかったことだ。予選の前は、午前中の転倒が原因で少し神経質になってしまったけど、フリー走行4で、まともなペースで走れたことで、自信が戻った。公式予選1は、最後にタイムを良くすることができ、2番手で終われて最高だった。」

「公式予選2は、使用できるリアタイヤが1本しか残っていなかったけど、ライバルたちのペースを確認し、良い仕事ができることが分かっていたから士気が上がった。最終的に両方の予選はすごく良かった。この瞬間を楽しもう。」

「今日のファンは最高だった。彼らは明日の表彰台を望んでいる。僕も表彰台を獲得したい。午後に速く走れたから、僕に自信を与えてくれる。それに、バイクは完璧だった。チームは良い仕事をしてくれた。」

「決勝レースでは、上位陣と一緒に走ることができると考えるけど、速く走るためには、落ち着く必要がある。感情をコントロールし、ストロングなスタートを切る必要がある。ファイトしよう。表彰台を獲得したい。もし、この目標を達成できれば、それは本当に凄いことだろう」と、ホームレースで最高峰クラス初の表彰台獲得に挑戦することを宣言した。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー