Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Repsol Honda

ペドロサ「困難だった週末をひっくり返した」

ヨーロッパラウンドに入ってから、2戦連続の表彰台獲得で総合6位から総合2位に浮上。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第5戦フランスGPの決勝レースで、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを選択。13番グリッドから公式予選後に説明した戦略を実行するように素早いポジション奪取で1ラップ目に7番手に浮上すると、上位陣を追走して3位表彰台を獲得。ポイントリーダーから17ポイント差の総合2位に浮上した。

「クラッチローが走行ラインを開けたとき、そこに進入した。申し訳ない。衝突するつもりはなかった」

「今週末はタイヤの温度が原因で難しかった。今日は巻き返しが必要で、タイヤを温めることが許されなかったから、リアにソフトを選択することを強いられた。ここは最初のシケインが難しいから良い選択だった。5列目からのスタートは心配だった。何が起きるのか分からなかったけど、上手くスタートが切れ、1コーナーとシケインを上手く通過した。その後に、直ぐに数人を抜くことができ、6番手、7番手に位置することができた。」

「ドビツィオーソのバイクはすごく良く走るから、抜くのに苦労した。クラッチローが走行ラインを開けたとき、そこに進入した。その瞬間、彼が走行ラインに戻って来た。申し訳ない。衝突するつもりはなかったけど、誰も転ばなかったのは良かった。」

「その後、1分33秒台のグッドなペースで走り、バレンティーノのミスで表彰台を獲得することができた。困難だった週末の状況をひっくり返すことができて嬉しい。チームにはこのリザルトが相応しい。チャンピオンシップにおいて、この表彰台は最高だ。バイクを理解し、フィーリングを掴んでいることも嬉しい。バイクは改良され、結果が出ている。これは追求していること。この調子を維持できるように仕事を続けよう」と、5列目から挽回したレースを喜んだ。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー