Tickets purchase
VideoPass purchase
News
30 days 前
By LCR Honda

クラッチロー「スペースを開け、突っ込んで来た」

ペドロサとの4位争い中に起きた衝突を振り返り、トップ6の目標を達成したことを喜んだ。

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、第5戦フランスGPの決勝レースで、4番グリッドからダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソとのバトルを繰り広げて5位。総合7位を維持した。

前戦スペインGPで今季2度目の転倒リタイアを喫した後、3週間前にプライベートテストを実施したルマンに戻って来ると、フリー走行1から4番手、13番手、2番手、5番手。2日目終了後、ミスで1列目を逃したことを悔やみ、ヤマハ勢と対等にバトルするために、セットアップを詰めて行くことを説明。

「目標はトップ6だったから、トップ5で終われたことが嬉しい。次のムジェロも目標はトップ6だ」

ウォームアップ走行で13番手だった後、フロントにハードコンパウンド、リアにミディアムコンパウンドのタイヤを選択。「今日はフロントに硬めのタイヤを選択して、旋回に苦しんだ。コーナーの中間で多くのタイムを失ってしまい、本当に難しかったけど、ブレーキングゾーンですごく良い感じがあり、トップ5でフィニッシュできたことがすごく嬉しい。」

「僕はスペースを開け、ダニが突っ込んで来た。次に彼がスペースを開けたとき僕が突っ込む。そうすると、インタクトを与えてしまい、転んでしまうかもしれないし、彼は軽いから僕も転んでしまうかもしれない。今回はレースアクシデント。別に怒ってはいない。僕はスペースを少し開けてしまい、コーリナリングスピードは遅かった。フロントタイヤが原因でワイドになることを強いられた。彼が上手く走れていることが嬉しい。ヘレスもルマンも全ては彼のメリットで、それが相応しい。」

「前戦は転倒してしまったので、完走したことが大切。今日の目標はトップ6だったから、トップ5で終われたことが嬉しく、次のムジェロも、現時点で速いライダーたちが多いけど、もう一度トップ6に進出することを目標にしたい。新しいフロントタイヤがもう少し僕に会うことを期待する。」と、ペドロサとの接触を振り返り、次戦の目標を説明した。

Happy with today. Nice top 5. Felt good. Thanks @lcr_honda

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)がシェアした投稿 -