Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Idemitsu Honda Team Asia

イデミツ・アジア・タレント・カップ:第3戦日本・鈴鹿大会プレビュー

前戦カタール大会から10週間後、21名のヤングライダーたちが初開催となる鈴鹿に集結。

イデミツ・アジア・タレント・カップの第3戦となる日本・鈴鹿大会は、今週末にアジアロードレース選手権の併催として鈴鹿サーキットで初開催。21名のヤングライダーたちが将来のアジア・タレント・チーム入り、そして、世界舞台進出を目指して挑戦する。

開幕戦タイ大会で2連勝を飾ったデニス・オンジュ(トルコ/13歳)は、前戦カタール大会で5位。ポイントリーダーの座を堅守すれば、総合2位の山中琉聖(15歳)は、4週間前にヘレス・サーキットで開催されたレッドブル・ルーキーズ・カップの開幕戦に参戦。ホームトラックで5ポイント差に挑戦する。

総合3位の國井勇輝(14歳)は、アジア・タレント・チームからMoto3™ジュニア世界選手権の開幕戦アルバセテ大会と第2戦ルマン大会に参戦。その経験を活かして、17ポイント差を詰めたいところ。

新人勢の最高位に進出する総合4位の埜口遥希(15歳)、総合11位の平間光司(16歳)、総合13位の鈴木大空翔(14歳)、総合14位の鈴木光来(16歳)、総合16位の服部真騎士(17歳)、総合19位の斉藤魁(16歳)は、ホームレースで上位進出を目指す。

推奨記事