Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Repsol Honda

マルケス「チャンピオンシップはオープンだ」

7年連続優勝のザクセンリンクを前に、8年連続の表彰台獲得で、総合4位の11ポイント差に接近。

置。終盤、後方から追い上げてきたカル・クラッチロー、アンドレア・ドビツィオーソとの3位争いに僅少さで競り勝ち、2戦連続4度目、最高峰クラスで55度目、当地TTアッセン・サーキットで8年連続、キャリア通算94度目となる表彰台を獲得。

同時に所属するレプソル・ホンダの通算400度目、最高峰クラスにおけるスペイン人ライダーの通算400度目となる表彰台をもたらし、総合3位からから4位に後退したが、23ポイント差から11ポイント差に接近した。

「レース前、(転倒リタイアした)ルマンのようなレースになると考えたから、レース運びと表彰台獲得がすごく嬉しい。週末を通じて、非常に上手くマネージメントができた。序盤はリスクが大きく、予測していた通りに苦しんだ。雨がぱらつき、転びそうになったから、リラックスするように努めて、重要な16ポイントを稼ぐことにトライした。これ以上、0ポイントで終わることは許されない。チャンピオンシップを生き抜くために、僕たちは16ポイントを追求した。」

「これ以上、0ポイントで終わることは許されない。チャンピオンシップを生き抜くために、僕たちは16ポイントを追求した」

「今日のような状況では、多くのポイントを失うかもしれないし、多くのポイントを稼ぐことができるかもしれない。もしかしたら、優勝争いにトライすることができたかもしれないけど、正直、何度も警告がり、チャンピオンシップにとって非常に危険となることが見えたから、コンスタントに走ることを決断した。」

「ダニロとバレンティーノは、猛烈にプッシュしていた。僕は全ての快適さが見つからず、グリップが見つからなかった。加速で遅れ、挽回するブレーキングはリスクが大きいから、彼らとは異なるマネージメントにトライし、昨年のシルバーストンにように、最終ラップは全てを少し忘れて、100%のリスクを背負った。」

「マーベリックとバレンティーノ。この2人は非常に速く、非常に強い。そして、ドビツィオーソ。あまり騒がれないけど、2勝を挙げている。バレンティーノと僕よりも1勝多く、今日も上位に進出。重要なのはライバルたちとのギャップをステップ・バイ・ステップで詰めていること。チャンピオンシップはオープンだ」と、表彰台セレモニー後、決勝レースを振り返り、総合1位から11ポイント差に接近したことを喜んだ。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー