Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By motogp.com

クラッシュレポート~マルケス13回/ロッシ2回

最多転倒はロウズの14回。マルケス13回、ビニャーレス5回、ドビツィオーソ4回、ロッシ2回。

Tags MotoGP, 2017

昨年、2014年に記録したチャンピオンシップ史上最多の転倒数981回を更新する1062回を記録。特に最高峰クラスは、過去最多だった2015年の215回を大幅に上回る288回を記録したが、今年は前半戦9戦を終了した時点で、昨年153回を若干下回る146回を記録した。

最多転倒は、昨年のチャンピオンシップで最多の転倒数(30回)を記録した新人サム・ロウズの14回。最少転倒は、ファビオ・ディ・ジャンアントニオの1回。

昨年、最高峰クラスに進出してから過去最高となる17回の転倒を記録したマルク・マルケスは、ホームグランプリとなった第7戦カタルーニャGPの3日間で5回の転倒を喫し、通算13回の転倒数を記録すれば、クラス最多となる4回の転倒リタイアを喫したアルバロ・バウティスタは12回、昨年クラス最多の転倒数(26回)を記録したカル・クラッチローは11回、スズキからアプリリアに移籍したアレイシ・エスパルガロは10回を記録。

転倒が少なかったのは、昨年クラス最少の4回だったバレンティーノ・ロッシと最高峰クラス1年目に16回だったティト・ラバット。毎年転倒数が1桁台のエクトル・バルベラも2回だったが、レギュラーライダー23名中唯一転倒が原因のリタイアはなかった。

タイトル争いを繰り広げるトップ5では、総合1位のマルケス、総合2位のマーベリック・ビニャーレス、総合4位のロッシ、総合5位のダニ・ペドロサがそれぞれ2度の転倒リタイアを数えれば、6ポイント差の総合3位に進出するアンドレア・ドビツィオーソは、7番手走行中に後方から他車に追突された第2戦アルゼンチンGPで転倒リタイアを強いられていた。

中量級は、新人ホルヘ・ナバーロが最多の11回。サンドロ・コルテセは10回を記録すれば、新人ブラッド・ビンダーは3戦に欠場したが僅か2回。ファビオ・クアルタラロ、ドミニケ・エガーター、トーマス・ルティ、イサック・ビニャーレスは3回。転倒リタイアなしは、ミゲール・オリベイラ、フランセスコ・バグナイア、マティア・パシーニ、イェスコ・ラフィン、長島哲太の5名。

第5戦フランスGPの決勝レースで多重クラッシュが発生した軽量級は、昨年10回転倒を記録した鈴木竜生が最多の11回。新人の鳥羽海渡は10回を記録すれば、ディ・ジャンアントニオは1回、ヤコブ・コーンフィール、マヌエル・パリアーニ、ナカリン・アティラプワパは2回。転倒リタイアなしは、ジョアン・ミル、マルコス・ラミレス、アンドレア・ミニョ、ニコロ・ブレガ、リビオ・ロイ、佐々木歩夢、マリア・エレーラ、コーンフィール、アティラプワパの9名。

サーキット別では、トラックを再舗装した天候が影響したルマンが最多の94回。TTアッセンは過去最多の91回を記録すれば、再舗装したザクセンリンクは昨年81回から44回に減少した。

前半戦9戦終了時点
 
オールクラス: 495回 (2016年-515回)
MotoGP™クラス: 146回 (2016年-153回)
Moto2™クラス: 177回 (2016年-173回)
Moto3™クラス: 172回 (2016年-189回)

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッシュ・アナリシス

推奨記事