Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Repsol Honda

マルケス「ポジティブな感触を持って乗り込む」

今季3勝目を挙げた後、レッドブル・リンク対策として、アクセラレーションやアンチウィリーの改良に着手。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、後半戦の緒戦となった前戦チェコGPで2戦連続3度目のポール・トゥ・フィニッシュを達成した後、アウトモトドローム・ブルノに延滞して、オフィシャルテストに参加。次戦オーストリアGP以降を視野に入れたバイクのセットアップ、電子制御、サスペンションの調整を進めて最速ペースで周回。2番手に進出すると、今週末は昨年5番グリッドから5位に進出したレッドブル・リンク‐シュピールベルクで、ライバルたちからの挑戦を受ける。

「レッドブル・リンクは、昨年難しかったトラックだけど、今年は違うことになることを期待する。ブルノは僕たちにとって通常チャレンジングなトラックだけど、グレートなリザルトを獲得したから、ポジティブな感触を持って、オーストリアに行く。レース後のテストは、セットアップの仕事ができ、次戦を視野に入れて、アクセラレーションやアンチウィリーの仕事にも取り組んだ。当然、ブレーキングでの安定感が必要となる。グッドなリザルトの獲得に向けて、チャンピオンシップにおいて重要なポイントを加算するために、全力を尽くそう」と、週末の意気込みを語った。