Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

ロッシが最高峰クラスで300戦目

2000年に最高峰クラスでのデビューを果たしてから18年間の継続参戦で歴史的な記録を達成。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、250ccクラスのチャンピオンとして、パキサ・フリーウェイで開催された2000年3月の開幕戦南アフリカGPで最高峰クラスにデビュー。今週末、シルバーストンで開催される第12戦イギリスGPで、チャンピオンシップ史上初となる最高峰クラス通算300戦目を迎える。

チャンピオンシップは、マン島で1949年6月にツーリスト・トロフィーとして初開催。前戦オーストリアGPまでに851戦が開催され、ロッシは299戦に参戦。参戦率は35.1%。

18年間の最高峰クラスで訪れた国は19か国。27のサーキットで出走し、23のサーキットで優勝、26のサーキットで表彰台を獲得。優勝を挙げられなかったのは、イスタンブール・パーク、モーターランド・アラゴン、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、レッドブル・リンク。唯一表彰台を逃したのは、レッドブル・リンク。

最高峰クラスの最多参戦ランキング

バレンティーノ・ロッシ: 299戦
アレックス・バロス: 245戦
ニッキー・ヘイデン: 218戦
ロリス・カピロッシ: 217戦
コーリン・エドワーズ: 196戦
カルロス・チェカ: 194戦
ダニ・ペドロサ: 192戦
アンドレア・ドビツィオーソ: 171戦
ケニー・ロバーツ・ジュニア: 167戦
ホルヘ・ロレンソ: 167戦

Support for this video player will be discontinued soon.

Classics: 2003年第8戦イギリスGP‐ドニントンパーク