Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「自然な形で走れるようになっている」

ミサノで92ラップを周回した後、ドゥカティに適する走り方が自然にできるようになっていることを説明。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、前戦オーストリアGPで4位に進出。今季のベストレースと自己評価を下した後、22日に第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの開催地、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリでプライベートテストを実施。今週末は、2010年、2012年、2013年の優勝を含め4度の表彰台を獲得したシルバーストンで、今季2度目の表彰台で総合6位との20ポイント差を詰めに行く。

「ブルノとオーストリアの2戦で自信が高まった。多くの分野が改良されたから、シルバーストンでの目標は、このポジティブな流れを継続すること。金曜から上位に進出することだ。ここ数年は路面の凹凸が目立つけど、本当に好きなトラック。レースの鍵は天候。イギリスは不安定だけど、僕たちのバイクは、ウェットでもドライでも戦闘力の高さを証明した。」

「火曜に実施したミサノでのテストはポジティブだった。正しい方向に向けて仕事を進めていることを確認した。約100ラップを走り込み、より自然な形で走れるようになっている」と、イギリス到着後、週末の期待を語った。