Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「今回は保守的な始まり方を選んだ」

得意とするスタートからの積極的なアタックを控えたレース戦略で、今季最短となる3.5秒差の5位に進出。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第12戦イギリスGPの決勝レースで、2列目5番グリッドからセカンドグループに位置すると、優勝者から3.508秒差の5位。今季のベストレースだったと評価した前戦オーストリアGPの6.663秒差を更新するタイム差でフィニッシュした。

「今回はいつもの戦略とは違って、保守的な始まり方を選んだ。もしかしたら、これが序盤での走りに影響してしまったかもしれない。一度も正しいリズムが正確に見つけられなかった困難な週末の後で、レースではスロットルを上手くコントロールして、タイヤを温存させたから、喜ばなければいけない。」

「リアタイヤは、レースを通じて安定していた。トップグループを捕まえるには十分ではなかったけど、ギャップを維持するには十分で、シーズンのベストリザルトを獲得した。ミサノではもっと上手くやれると考える。」

「アンドレアを祝福したい。巧妙なレースで、このようなレースに対するパーフェクトなマネージメントを見せてくれた。彼の結果が全てを物語る。4勝とチャンピオンシップのリーダー。チームを幸せにしてくれる」と、5位進出を分析し、チームメイトの優勝を称賛した。