Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Repsol Honda

ペドロサ「明日はスタートと序盤に集中」

昨年8番グリッドからシーズン初優勝を挙げた舞台で、7番グリッドから今季2勝目、8度目の表彰台に挑戦。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.553秒差の7番時計。明日の決勝レースを3戦連続4度目の3列目から迎える。

初日総合4番手だった後、2日目はフリー走行3で今季8度目の転倒を喫して8番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、フロント、リア共にミディアムコンパウンドを選択。2度のコースインで16ラップを周回すると、1分34秒台を8回、1分33秒台を2回記録して6番手。

「2日目は初日よりも難しかった。バイクのフィーリングを見つけることができなかった。セットアップ、特にサスペンションのセッティングを良くしようとトライしたけど、快適さを見つけることができなかったから、予選ではグレートなタイムをマークすることができず、7番手がやっとだった。これは期待していた順位ではないけど、明日は今週末に学んだことを全て集結させ、雨でも可能な限りに速く走ろう。スタートと序盤に集中する。これが非常に重要だ」と、2日目を振り返り、決勝レースの対策を説明した。

最高峰クラスに参戦するライダーたちのオフィシャルマーチャンダイズをチェックしよう!