Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By motogp.com

フリー走行2:ドビツィオーソが今季4度目の初日総合1番手

ドビツィオーソが4戦ぶりに1番手。転倒を喫したマルケスは2番手。ペドロサは8番手まで浮上。ビニャーレスとロッシは11-12番手。

第15戦日本GPのフリー走行2は13日、ツインリンクもてぎで行われ、総合2位のアンドレア・ドビツィオーソが今季7度目のトップタイムをマーク。第11戦オーストリアGP以来今季4度目となる初日総合1番手に進出した。

気温15度、路面温度17度のレインコンディションの中、フリー走行1で5番手のドビツィオーソは、2度のコースインで17ラップを周回して、1分54秒877の1番時計を刻めば、フリー走行1で1番手に進出したマルク・マルケスは、今季23度目の転倒を喫したが、2度のコースインで16ラップを周回して、0.043秒差の2番手。

フリー走行1で2番手のアレイシ・エスパルガロは、2度のコースインで16ラップを周回して、0.184秒差の3番手。フリー走行1で4番手のホルヘ・ロレンソは、0.357秒差の4番手。フリー走行1で12番手のダニロ・ペトルッチ、フリー走行1で13番手のアンドレア・イアンノーネ、フリー走行1で20番手のダニ・ペドロサ、フリー走行1で7番手のカル・クラッチロー、フリー走行1で8番手のアレックス・リンスがトップ10入り。

フリー走行1で9番手のマーベリック・ビニャーレスは、1.499秒差の11番手。フリー走行1で19番手のバレンティーノ・ロッシは、1.558秒差の12番手。

フリー走行1で15番手の野左根航汰は、1.765秒差の13番手。フリー走行1で24番手の青山博一は、2.671秒差の22番手。フリー走行1で23番手の中須賀克行は、3.464秒差の24番手だった。

Support for this video player will be discontinued soon.

MotoGP™クラス‐フリー走行2

Stay aero, stay drier... // Keeping dry tips from @andreadovizioso #MotoGP #JapaneseGP #Aero #Ducati

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -