Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Repsol Honda

マルケス「闘い続けるために仕事をしよう」

失格、転倒、優勝、転倒のフィリップアイランド・サーキットで、ポイントアドバンテージの拡大を目指す。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、ツインリンクもてぎで開催された前戦日本GPで今季10度目の表彰台となる2位を獲得して、20ポイントを加算。今週末は、最高峰クラス1年目にタイヤ(マシン)交換の規定周回数を超えたことから黒旗失格、2014年に転倒リタイア、2015年に優勝、昨年3年連続のポールポジションから転倒リタイア、今年2月のオフィシャルテストで総合2番手だったフィリップアイランド・サーキットで、2年連続4度目、通算6度目のタイトル獲得に向けて、ポイントアドバンテージの拡大を目指す。

「さあ、オーストラリアだ。僕たちにとって常に厳しいトラックで、非常に困難だったコンディションの中で貴重なポイントを稼いだ日本GPの後で、モチベーションが高い。フィリップアイランドは信じられないサーキット。お気に入りの1つだから今週末が楽しみ。タフで速い方向転換が多く、フィジカル面が非常に厳しいけど、毎年楽しんでいる。僕たちにとって、もてぎよりも良いトラック。好天候に恵まれることを願う。ベストなセットアップを見つけるために、チャンピオンシップを闘い続けるために、懸命に仕事をしよう」と、週末の意気込みを語った。