Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「第4セクター、これがレースの鍵だ」

8か月前に総合1番手に進出したフィリップアイランドで転倒を喫したが、コンマ2秒差の総合5番手に進出。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第16戦オーストラリアGPの初日にフリー走行1で5番手。フリー走行2は、今季6度目の転倒を喫したが、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分30秒台を5回、1分29秒台を7回記録して、トップタイムから0.198秒差の5番手。

「明日はソフトでレース終盤のパフォーマンスを確認する。第4セクターが良くなれば、29秒前半のペースで走ることができる。これがレースの鍵だ」

「フィリップアイランドは大好きなトラック。今日は良い感じがあった。僕たちは良い仕事した。明日は特に第4セクターの仕事をしなければいけない。第2セクターも。まだ快適さがない。オフィシャルテストでは、特に最終日には、28秒台に進出することができ、29秒台のペースで走ることができた。トラックコンディションとバイクは、当時とは異なる。バイクのパフォーマンスを100%引き出し、29秒前半のペースに持って行かなければいけない。」

「フリー走行1では、リアにミディアムコンパウンドを履いて、29秒台に進出することができたけど、午後はソフトコンパウンドで29秒台を安定して刻んだから、今日の仕事が嬉しい。明日はソフトでレース終盤のパフォーマンスを確認する。第4セクターが良くなれば、29秒前半のペースで走ることができる。これがレースの鍵だ。」

「転倒はタイヤが冷えていたことが原因。コースに出て、リンスとホルヘが前を走っていたから、彼らを少し参考にしようとして、少しプッシュした。怪我がなかったのは幸運だった。異なるセットアップを試していたから、明日はもう一度幾つかのことを試す」と、総合1番手に進出した2月のオフィシャルテストと比較し、転倒を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

初日インタビュー