Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「ドビとのポイント差を挽回したい」

総合1位とのギャップが50ポイント差に拡大したことから、タイトル争いから脱落。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、1列目2番グリッドから優勝争いを展開して、1.826秒差の3位に入り、3戦ぶり7度目の表彰台を獲得。総合1位とのギャップが41ポイント差から50ポイント差に拡大したことから、残り2戦で総合2位との17ポイント差に挑戦する。

「チャンピオンシップのチャレンジは、行ってしまった。マレーシアではもう一度表彰台にトライ。ドビツィオーソとのポイント差を挽回したい。これは重要なことだ」

「残り5ラップでアタックを仕掛ける計画だった。その前のラップでヨハンを抜き、バレンティーノをストレートエンドで抜くつもりだったけど、遠かった。ヨハンがアウト側から来て、アンドレア(・イアンノーネ)に攻められ、そこで僕のレースを失ってしまったけど、上手く挽回でき、速いライダーたちを抜いた。正直、最終コーナーで位置すべきところには遠かったけど、上手く加速し、バレンティーノも抜くことができると考えた。」

「最終的に彼は僕の少し前だったけど、本当に嬉しい。チームはとても良い仕事をしてくれ、特に雨のウォームアップ走行ですごく良い感じで走れた。これはマレーシアに向けて、グッドなスターティングポイントとなる。今週末、多くのポジティブなことがあった。特にソフトタイヤで。」

「チャンピオンシップのチャレンジは、行ってしまった。これはグッドなニュースではないけど、シーズンを通じて、特に後半戦に入ってから難しくなることは分かっていた。ストロングになれるようにトライしないと。いつものように。マレーシアではもう一度表彰台にトライしよう。アンドレア(・ドビツィオーソ)とのポイント差を挽回したい。これは重要なことだ。バイクが機能するようにトライし、最も強い週末にしよう」と、3位を獲得したレースを振り返り、総合2位の獲得に照準を切り替えた。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー