Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「僕たちは速くなかった」

ドゥカティ勢が傾斜角度の時間が長いトラックで戦闘力不足だったことを説明。次戦のセパンに期待。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、16番グリッドから15位。総合6位とのギャップが9ポイント差から21ポイント差に広がった。

ウェットコンディションだった前戦日本GPで6位に進出した後、2013年に優勝経験があるフィリップアイランド・サーキットに乗り込むと、初日のフリー走行1から8番手、11番手。2日のフリー走行3で11番手を維持したが、今季7度目の転倒を喫した際に左足首を捻挫したことが影響して、フリー走行4は17番手に後退。公式予選1は上位争いができずに6番手。

「ドゥカティにとって難しい結果だ。ドビもバトルができず、ペトルットはビリ2だった」

ウォームアップ走行で15番手だった後、6列目からスタートした決勝レースは、転倒リタイアしたライダーにより、ポジションを1つ上げただけに止まった。「昨日と比較すれば、方向転換でプッシュすることができたけど、肩は痛く、転倒する前も戦闘力がなかった。言い訳は無し。僕たちは速くなかったから、グッドなリザルトを獲得できなかった。」

「16番手からのスタートで序盤にポジションをアップできず、あのグループに引っかかってしまった。バイクは初日のセッティングに戻して、2日目よりも良く走り、10ラップを過ぎたあたりから、ラップは安定し始め、2日目よりもコンマ数秒速く走りことができたけど、リアタイヤのパフォーマンスが低下すると、バイクは操縦が難しい状態に戻ってしまい、ペースを維持することは不可能だった。」

「アブラハムと一緒に走る展開になってしまった。これは望むことではない。ドゥカティにとって難しい結果だ。ドビもバトルができず、ペトルットはビリ2だった。」

「ドビが勝ったレースは、常に戦略的な勝利で、ハッキリと独走して勝ったレースは1戦もなかった」

「チャンピオンシップは明白だ。マルケスがシルバーストンでリタイアしなければ、これほど接近していなかっただろう。ドビが勝ったレースは、常に戦略的な勝利で、ハッキリと独走して勝ったレースは1戦もなかった。ドゥカティは、セパンに対して上手く適応しなければいけない」と、困難なレースを振り返り、傾斜角度の時間が長いトラックに対して改良の必要性を訴えた。