Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Team Suzuki Ecstar

リンス、転倒後にショートカットで黒旗

初めて公式予選1を突破し、自己最高位の8番グリッドから6番手を走行中に連続転倒。

チーム・スズキ・エクスターのアレックス・リンスは、第17戦マレーシアGPの決勝レースで3列目8番グリッドから6番手走行中の6ラップ目に転倒。20番手でレースに戻ったが、11ラップ目に2度目、今季8度目の転倒。マシン交換を決断して、ピットに戻る際にショートカットしたことから、黒旗失格となった。

「すごく良い週末だった。進歩を続け、予選でグッドなポジションを獲得した。グッドなスタートを切り、前のグループに食らい付いて行くことに集中した。1ラップ目にポジションを2つ上げ、良いポジションに位置したけど、濡れた路面の上でバイクの良い感じがなく、大きく滑り、リズムを失ってしまい、コーナーでフロントのコントロールを失ってしまい、転んでしまった。重要なのは、続けて経験を積むことだ。今週末は他のライダーたちから学んだことは良かった。バレンシアで良い仕事を続けよう」と、転倒の理由を説明し、次戦に向けて気持ちを切り替えた。