Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By motogp.com

レプソル・ホンダがタイトル奪回に王手

残り1戦、45ポイントのタイトル争い。3年ぶり8度目のタイトル奪回に向け、44ポイント差のアドバンテージ。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは、チャンピオンシップのチーム部門において、3年連続8度目のタイトル連覇を目指すヤマハのファクトリーチーム、モビスター・ヤマハ・MotoGPに対して、44ポイント差のアドバンテージを広げ、2014年以来3年ぶり8度目となるタイトル獲得に王手をかける。

ドゥカティ・チームは、総合3位に進出。最終戦で総合2位とのギャップ、25ポイント差の逆転を目指せば、モンスター・ヤマハ・テックの総合4位、オクト・プラマック・レーシングの総合5位は決定済み。

コンストラクター部門では、ホンダが前戦マレーシアGPで2年連続23度目のタイトル連覇に成功。今季6勝目を挙げたドゥカティがヤマハを2ポイント差で上回って総合2位に浮上すれば、前半戦終了後、10番手だったチーム・スズキ・エクスターは6番手、最後尾だったレッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングは10番手に躍進した。

チーム部門

1. レプソル・ホンダ: 467ポイント
2. モビスター・ヤマハ・MotoGP: 423ポイント (-44ポイント)
3. ドゥカティ・チーム: 398ポイント (-69ポイント)
4. モンスター・ヤマハ・テック3: 238ポイント (-229ポイント)
5. オクト・プラマック・レーシング: 185ポイント (-282ポイント)
6. チーム・スズキ・エクスター: 107ポイント (-360ポイント)
7. プル&ベア・アスパル・チーム: 105ポイント (-362ポイント)
7. LCR・ホンダ: 104ポイント (-363ポイント)
8. エストレージャ・ガリシア・マーク・VDS: 102ポイント (-365ポイント)
10. レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング: 79ポイント (-388ポイント)
11. レアーレ・アビンティア・レーシング: 72ポイント (-395ポイント)
12. アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ: 67ポイント (-400ポイント)
コンストラクター部門
 
1. ホンダ: 332ポイント
2. ヤマハ: 303ポイント (-29ポイント)
3. ドゥカティ: 301ポイント (-31ポイント)
4. スズキ: 87ポイント (-245ポイント)
5. アプリリア: 64ポイント (-268ポイント)
6. KTM: 64ポイント (-268ポイント)