Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Reale Avintia Racing

シメオン「ライディングスタイルの変更が必要」

ルベン・チャウズをコーチとして招聘。ライディングポジションとライディングスタイルに専念。

レアーレ・アビンティア・レーシングのチャビエル・シメオンは、5月の第4戦スペインGPで17番グリッドから19位で完走したヘレス・サーキットで、22日から2日間のプライベートテストに参加。先週のオフィシャルテストに続き、エクトル・バルベラが使用した16年型のデスモセディチGP16に乗り込み、7年間走らせたMoto2マシンからの乗り換え作業に専念。

オフィシャルテストに引き続き、元MotoGPライダー、ルベン・チャウズにコーチを依頼。ライディングポジションとライディングスタイルの順応に取り組んだ。

「初日はすごく良い始まりで、バイクのすごく良い感じがあり、直ぐにグッドなタイムを出すことができたけど、昼過ぎに5コーナーで転んでしまい、バイクは大きなダメージを受けてしまったから、走れなくなってしまい、その後のセッションを失ってしまったけど、チームは素晴らしい仕事でバイクを修復してくれたから、2日目は走り込むことができた。沢山の周回を重ねることが重要だったから、落ち着いて、ものごとに取り組んだ。直ぐに初日のタイムを出すことができたけど、そこからタイムを伸ばすことにすごく苦労した。」

「残り20ラップでペースが伸びた。全体的に嬉しい。バイクのベストなポテンシャルを引き出すために、ライディングスタイルの変更が必要。そのことはハッキリしている。2日目の終わりには、フィジカルが大きく低下してしまった。これは、ここ数戦で何度も負傷してしまったことが原因だから、しっかり休息を取り、体調を回復させよう。そして、マレーシアには全開で乗り込んで行けるように、しっかりと準備を整えよう」と、2日間で合計101ラップを周回して16番手だった後、課題を説明した。

プライベートテストリザルト
1日目: 1分40秒891 (2.611秒差/35ラップ)
2日目: 1分40秒332 (2.669秒差/66ラップ)
 
プライベートテスト1日目: 1分38秒280 (アンドレア・イアンノーネ)
プライベートテスト2日目: 1分37秒663 (アンドレア・ドビツイオーソ)
サーキットレコードラップ: 1分38秒735 (15年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分37秒910 (15年‐ホルヘ・ロレンソ)

Step by step improving #XS10 #jereztest #realeavintia #realeavintiaracing #forzaducati #2018startsnow #motogp

Reale Avintia Racingさん(@realeavintia)がシェアした投稿 -