Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト~6日から中量級が始動

15チーム26名のレギュラーライダーたちが最終戦の舞台バレンシアでテスト開始。

Tags Moto2, 2018

中量級は、最終戦バレンシアGPの開催地、サーキット・リカルド・トルモで6日から3日間、今年最初のオフィシャルテストを実施。15チーム26名のレギュラーライダーたちが3月18日の開幕戦カタールGPを視野に入れ、本格的な準備を開始する。

今回のテストも軽量級と合同開催。テスト時間は9時30分から17時30分まで。1日1時間10分のセッションを2度、1時間15分のセッションを1度、3日間で合計9度のセッションを実施。

昨年11月の最終戦終了後、多くのライダーたちは、ヘレス・サーキット(11月16日~17日)と当地(11月20日~21日)でプライベートテストを実施。

17年王者のフランコ・モルビデッリと総合2位のトーマス・ルティが最高峰クラスに昇格したことから、タイトル争いは、総合3位のミゲール・オリベイラと総合4位のアレックス・マルケスが中心。終盤3連勝を挙げたオリベイラは、昨年11月のプライベートテストで連続して総合1番手に進出すれば、マルケスはルティの負傷代役として最高峰クラスのプライベートテストに参加。

総合11位のチャビ・ビエルゲと総合17位のマルセル・シュロッターは、2度のプライベートテストでスッターを使用したが、今回からカレックスを使用。総合25位のステファノ・マンジとMoto2™欧州選手権王者のエリク・グラナドは、カレックスからスッターに乗り換え、総合12位のドミニケ・エガーターはKTMを初試乗。

Moto2™欧州選手権から昇格する総合3位のスティーブン・オデンダールと総合5位のジョー・ロバーツは、新規参戦のNTSと共に本格的な準備に取り組み、総合14位のホルヘ・ナバーロは、昨年12月下旬に手術した右手首の状態を確認。

新天地に移籍した総合26位の長島哲太は、昨年11月にヘレス・サーキットでテストを実施。2年連続3年目のシーズンに向けて始動する。

今年最初のオフィシャルテストには、スカイ・レーシング・チーム・VR46のルカ・マリーニとフランセスコ・バグナイア、エストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDSのアレックス・マルケスとジョアン・ミル、CGBM・エボリューションのサム・ロウズ イケル・レクオナが不参加を予定。