Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト~テスト開始のバグナイアが1番手発進

17チーム、31名のレギュラーライダーたちがヘレスで今年2度目のオフィシャルテストを開始。

中量級のオフィシャルテスト1日目は12日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、今回からテストに参加したフランセスコ・バグナイアが非公式ながらサーキットレコードを突破するトップタイムをマークした。

サーキット・リカルド・トルモで開催された今年最初のオフィシャルテストをキャンセルしたスカイ・レーシング・チーム・VR46、エストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDS、CGBM・エボリューションが、イベリア半島を南下した13チームと合流。

2度目のセッションが始まると同時に雨が降り始め、ウェットコンディションに見舞われたが、最初と3度目のセッションは、ドライコンディションで行われ、1分42秒台を最多の10回記録したバグナイアを筆頭に、テストを開始したアレックス・マルケス、前回総合1番手に進出したマティア・パシーニ、総合4番手だったミゲール・オリベイラまでがサーキットレコードを更新。ロレンソォ・バルダッサーリ、ルカ・マリーニ、シモーネ・コルシ、チャビ・ビエルゲ、イサック・ビニャーレス、エクトル・バルベラがトップ10入り。

前回総合17番手だった長島哲太は、54ラップを周回してトップタイムから1.268秒差の19番手。テストを開始したサム・ロウズとパシーニが転倒を喫したが、大事には至らず、テストを継続した。

オフィシャルテスト
1日目: 1分42秒330 (フランセスコ・バグナイア)

サーキットレコード: 1分42秒596 (17年‐フランコ・モルビデッリ)
サーキットベストラップ: 1分42秒080 (17年‐アレックス・マルケス)