Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Alma Pramac Racing

ペトルッチ「僕のバイクはどこにある?」

まだ2台目の18年型が供給されていないことから、17年型を2号車として準備。

アルマ・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、チャーン・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテスト3日目、最終日に7度のコースインで43ラップを周回すると、1分31秒台を15回、1分30秒台を3回記録して、トップタイムから0.586秒差の11番手。2日目のタイムで総合9番手だった。

「グッドなテストとなった。セパンからバイクを大きく変更せずに、すごく良い仕事をしたことが嬉しい。レースペースでは常に上位に進出していたことが興味深い。タイムアタックを実行しなかった。何も賞品をもらえるわけではないから、重要ではない。それに、グランプリで戻って来るときには、タイヤのキャラクターも気象状況も大きく異なる。大きな自信を持って、次のカタールに行こう」と、3日間で192ラップを周回した後、2日間連続の6番手から11番手に後退した理由を説明。

最終日には、ホルヘ・ロレンソが17年型と18年型の比較テストを希望したことから、2号車を貸し出した。

オフィシャルテスト (パーソナルリザルト)
1日目: 1分31秒003 (6番手/74ラップ)
2日目: 1分30秒367 (6番手/75ラップ)
3日目: 1分30秒573 (11番手/43ラップ)

オフィシャルテスト
1日目: 1分30秒797 (カル・クラッチロー)
2日目: 1分29秒969 (マルク・マルケス)
3日目: 1分29秒781 (ダニ・ペドロサ)