Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

エスパルガロ兄「ウインターテストは欺くことが多い」

19時12分から連続17ラップのロングランを実行して、1分56秒台を13回、1分55秒台を4回記録。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、今年最初のオフィシャルテストで総合14番手、2度目のオフィシャルテストで総合14番手。合計6日間を費やして、17年型と18年型の比較テストを終了した後、イタリア・ペルージャ市内の大学に直行して、エアロダイナミクスの向上を目的に空洞試験を実施。

アプリリアでのデビュー戦となった昨年の開幕戦カタールGPで15番グリッドから6位に進出したロサイル・インターナショナル・サーキットに乗り込んで来て、今年3度目のオフィシャルテストを開始すると、アプリリアが準備した2号車のシェイクダウンを含めて、ブレーキングとアクセレーションの改良に専念。最終日は、9度のコースインで60ラップを周回すると、1分56秒台を23回、1分55秒台を13回記録して、1.203秒差の14番手、3日間総合15番手だった。

「仕事をするために、2週間後にここカタールに戻って来ることが待ち切れない。テストは重要だけど、レースが始まることが嬉しい。今年は全チーム、全ライダーのレベルが非常に高いから、非常に楽しみだ。僕は18年型RS‐GPを改良するために努力した。小さな問題が発生して、バイクが止まってしまい、レースシミュレーションを終了できなかったのは残念。」

「ウインターテストは頻繁に欺くことが多い。多くのライダーたちは速かったけど、レースではその価値が変るだろう。僕たちのポテンシャルを信じる。直ぐにトップ8のバトルができるはずだ」と、最終日を振り返り、上位進出に自信を見せた。

オフィシャルテスト ‐ パーソナルリザルト
1日目: 1分56秒062 (+1.009秒/50周/17番手)
2日目: 1分55秒460 (+0.874秒/47周/12番手)
3日目: 1分55秒232 (+1.203秒/60周/14番手)

オフィシャルテスト ‐ トップタイム
1日目: 1分55秒053 (マーベリック・ビニャーレス)
2日目: 1分54秒586 (アンドレア・イアンノーネ)
3日目: 1分54秒029 (ヨハン・ザルコ)

サーキットレコードラップ: 1分54秒927 (2016年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分53秒927 (2008年‐ホルヘ・ロレンソ)

Still a lot to improve... But im ready to fight! Can't wait to start racing! ????

Aleix Espargaroさん(@aleixespargaro)がシェアした投稿 -