Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

ウェットテストを体験したライダーたちの感想

セーフティ委員会は開幕戦の際にウェットテストを体験したライダーたちから意見を聴取。

最高峰クラスは、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで実施したオフィシャルテストの最終日に15台の散水車を準備して、30分間のウェットテストを実行。テストに参加したレギュラーライダーたちは、、照明による路面の反射や路面のグリップを確認した。

バレンティーノ・ロッシ
「1人で走ったときは良かった。グループで走るとどうなるか分からないけど、大きな問題なしに走ることができると感じる。視界は良い。グリップは普通から、僕の視点から見れば、走ることができる。」

マルク・マルケス
「通常のウェットで走るのとは、印象が違うのは明らかだけど、視界はそれほど問題ではない。1ラップを走り、滑りやすかったけど、もし日曜に雨が降れば、走ることができる。縁石と白線を見極めるのが少し難しいけど、それほど悪くない。1人のライダーの後ろを走り、だいたい上手く走れた。」

アンドレア・ドビツィオーソ
「ダニロ・ペトルッチと一緒に走り、トラックのほとんどの部分ですごく良かったけど、ストレートの状況は、少し批判的に戻った。違いは水量次第だと思う。」

ヨハン・ザルコ
「パドック全員が走る準備があると思う。照明による路面の反射がどのような影響を及ぼすかが疑問符だったけど、良かった。問題を引き起こすことはなかった。グルップは良い。セットアップを調整すれば、速く走るために自信が持てる。雨が降ったとしても、暑さでトラックは直ぐに乾くだろう。」

ホルヘ・ロレンソ
「非常にデリケートな状況だ。グリップは特にストレートで非常に低い。視界に関しては、僕は1人で走ったから、他車と走ったらどうなるか確認しよう。この状況を経験しないで済むことを願う。」

カル・クラッチロー
「視界は良いけど、トラックは非常に滑りやすい。緒戦のセーフティ委員会で協議することになるはずだ。」

Support for this video player will be discontinued soon.

ライダーたちのウェットテスト評価