Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By LCR Honda CASTROL

クラッチロー「ザルコと一緒に表彰台を争うつもりだった」

6番手走行中の転倒が影響して、ポイントリーダーから総合4位に後退。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、3列目7番グリッドから6番手走行中の8ラップ目に今季2度目の転倒。レースに復帰して19位で完走したが、ポイントリーダーから8ポイント差の総合4位に後退した。

「当然、この結果に非常に不満だ。チャンピオンシップのリーダーとしてレースを始めたけど、8ラップ目に転倒してしまい、総合4位でレースを終えた。グッドな週末となり、グレートなペースで走れていただけに残念。チームに申し訳ない。」

「最終コーナーでミスを犯してしまい、転んでしまった。今週末はブレーキレバーにグレートなフィーリングがなく、あのラップでは、ヨハン・ザルコと一緒にグッドな走りをして、表彰台を争うするつもりだった。」

「今はチームと一緒に次のレースとなるヘレスを見なければいけないけど、懸命に仕事をしてくれたチームに感謝したい。僕たちは先を見て、ポジティブになろう」と、転倒を振り返り、次戦スペインGPに向けて気持ちを切り替えることを語った。