Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「忘れなければいけない」

今季のベストグリッドからスタートしたが、17年型を使用する2人とのバトルに競り負けて11位。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、2列目6番グリッドから31.355秒差の11位。5ポイントを加算して、総合20位から16位に浮上した。

「忘れなければいけないレースになってしまった。ソフトタイヤを履いた1ラップなら、僕たちは大きな爆発力があるけど、レースペースがない。リアにハードタイヤを選択したことも役に立たなかった。最初から感じが悪く、もしかしたら、ドゥカティに加入してから最悪だったかもしれない。」

「がっかり。悲しい。戦闘的なペースを維持することができず、苦戦してしまった。このレースを忘れて、モチベーションを持って将来のことを考えなければいけない。ヨーロッパではものごとが良くなることを期待しなければいけない。」

「18年型は、ポジティブなところとネガティブなところがある。もしかしたら、2ラップだけなら電子制御のおかげで速く走れるかもしれないけど、レースペースとなると、バイクはフィジカルが要求され、特に、このトラックでは非常に厳しかった。」

「困難な時期。シーズン序盤を全て分析する必要があるけど、欧州ラウンドでこのネガティブな流れをひっくり返したい」と、昨年ドゥカティ加入後、初表彰台を獲得したヘレスに向けて、気持ちを切り替えることを語った。