Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By motogp.com

ミラー、レース後に鎖骨骨折を告白

オースティンを訪れる前に、カリフォルニアでトレーニング中に右肩を負傷。

アルマ・プラマク・レーシングのジャック・ミラーは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、3戦連続のトップ10入りとなる9位でフィニッシュした後、パーソナルスポンサーが運営するブログで、第2戦アルゼンチンGP後に訪れたカリフォルニア州でマウンテンバイクを使用したトレーニング中に転倒が原因で右肩を負傷、鎖骨を亀裂骨折したことを明かした。

「週末は、もっと期待していたけど、最初からバイクのセットアップに問題があり、肩の怪我に苦しんでいた。理想的ではなかった。怪我に関して週末は黙っていたけど、レースが終わった後で、あまり良くなかったと認める。アルゼンチンの後、カリフォルニアでトレーニングをして、マウンテンバイクを走らせていたときに転んでしまった。」

「怪我を回復するには、安静が必要だけど、筋肉を損傷してしまった。打撲と右肩回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)の断裂、それと鎖骨の亀裂骨折。時々、レースとレースの間の方がレースの週末よりも危険なことがある」と、説明した。

Another solid day ????????????

Jack Millerさん(@jackmilleraus)がシェアした投稿 -